詐欺被害に要注意!誘導業者の手口暴露~優良出会える系サイト

優良出会い系サイトには誘導詐欺会社がいる。しかし少ない。相当少ない。95%は一般の利用者だと思う。でも根絶できないのが誘導会社なのだ。昨今その誘導業者に騙されて何十~何百万という金額を支払ってしまったという人は後を絶たない。2017年2月現在もその影は出会い系サイトの運営を困らせている。優良サイトの運営も誘導会社を排除したいのは山々だが、一般会員を誤って利用停止にしてはいけないから手を出せない事もある。スマホが流行り、アプリが流行っている現代はアプリの出会い系サイトでも誘導業者が出没している。犯人たちにとっては仕事をする場所が増えているだけなのだ。そんな詐欺被害は無くなった方が当然良い。この記事では被害に遭ってしまった自身の話をベースにその誘導の手口を細かく紹介していく。優良出会い系サイトを見つけた人でも騙される可能性は大いにある。注意して欲しい。

誘導の細かい手順

詐欺業者は匠にサイト利用者を誘導する。しかし言い回しや表現が変わっても手口の大まかな順序は変わらない。出会い系サイトで一度引っかかった人ならもう同じ手は食わないだろう。ただ最初ばかりは疑いつつも誘導されてしまうのが危険な所だ。だから出会い系サイトを利用した事がないという人は気をつけて欲しい。

誘導①:可愛い子からメールがくる

可愛い子からメールがくる。それも突然だ。微妙な時間にきたりする。しかも文面がリアルだったりする。

「とっても迷ったけど送ってみました!突然ですいません(><)わたしはマミって言います。普段の出会いが全然なくて登録してみて、少し気になったのでメールしてみました。よかったらプロフも見てもらえると嬉しいです。迷惑出なかったらメールください!」

という具合だ。これが私が初めて誘導業者に引っかかったメールだった。使っていたのは当然優良の有名サイト。この架空の女性会員は非常に可愛かった。そしてメールの文章もプロフィールも謙虚さがあり、女性らしかった。これでかなり舞い上がってしまい、嬉しくてメールを返し、メールを続けたのだ。だが、今思うとかなりメールは不自然だった。メールでは

  • 彼氏が欲しい!
  • 出会いが欲しい!
  • あなたはどんな人が好き?
  • すごいね、好み私たち合ってるね!
  • 私はこんな人が好き!
  • あなたは実際に会っても優しそうだね!

こんなに極端ではなかったと思うが、とにかく積極的なメールだったと記憶している。あまりに話題を振ってくれるため、このメールでやや危ないと感じた。

誘導②:ラインに移動する

そして誘導業者とのやりとりはラインに移動した。それも女性側から提案され、単純な私は願ってもない話!と思いラインを交換する。そのラインに設定されている画像も出会い系サイトのプロフの画像と同一人物だった。このあたりが業者の線を薄くするポイントだ。信ぴょう性が増してしまう。ラインでも積極的に話しをしてくれてた。その後、彼女のスマホの調子が悪くラインが強制終了されてしまう!という事で機種変をする事になったらしい。そこでラインの繋がりが消えてしまったら連絡が取れなくなっちゃう!という事を言い出し、別のサイトに誘導される。

誘導③:妙なサイトに移動する

そとの時に誘導されたのは会員制のブログだった。ブログは会員になれば利用できるとうサイトだった。確か名前はないはずだ。あえてブログの名前を表示してないのだろう。どうやら彼女はそこでブログを書いているらしく、そこのブログのコメント欄で話そう!という事になったのだ。確かにブログには何日分もの記事が投稿されていた。しかも女性のキャラクターを壊さない作りで、本当に実在するのではないか?と思わせる内容だった。これでかなり信用してしまった所がある。しかしここで問題が発生する。

誘導④:料金が発生する

ここでサイトの利用料金が発生するする事が発覚する。誘導業者の女の子はまだギリギリの状態で利用できるラインで「早くブログでお話しようよ!」と催促をしてくる。一方ブログでは有料の会員じゃないとブログにコメントできない!と説明される。料金はコンビニで3000円程度。高くもないから支払いは可能といえば可能になる。料金の事を女性に言うと「確かにブログは有料のサイトだけど、支払った金額はあとでキャッシュバックされるよ!」という新たな嘘くさい事を言ってきた。どうしてもここで怪しい!と思った私はネットで出会い系サイトに詳しいサイト管理人に連絡をして助けを求めた。すると

「それは99%詐欺だね」

という一言でついに目が覚める私。当時出会い系サイトを利用して初めて連絡を交換した女性が誘導業者だと発覚した瞬間であった。彼女が可愛いばかりについ自分は夢を見てしまったのだ。嘘っぽいけどひょっとしたら本物かも。という淡い希望を持ってしまった。だから誘導業者だと疑いつつも支払い直前まで進んでしまったのだろう。彼女からの最速はもはや「私の事嫌いになっちゃったかな…?」という段階にまでなっていた。詐欺だと分かるまではその催促ラインだけでもやばい‥!彼女と連絡が取れなくなっちゃう…!別に嫌いなわけじゃないのに…でも、こちらからレスポンスするには料金の支払いが発生する…!という葛藤がありました。正直仕事も上の空でした。ですが、本当にサイト管理人に相談して良かったと思いました。これで彼女のラインはブロック。使っていた優良サイトの運営に誘導業者だったと通報して、彼女は退会・利用停止になりました。

うまい話には穴がある

以上が誘導業者の詳しい手口・手順になります。優良出会い系サイトのビッグサイトでもいたのですからどこでもいるのでしょう。うまい話なんてなく、穴がある事を忘れずに、詐欺業者に気をつけて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です