ハッピーメール評価!会員数がモンスター級~優良出会える系サイト

ハッピーメールはかなり有名なビッグサイトである。恐らく優良サイトでも代表格ではないだろうか?特にサイト利用者の多さが秀でている。一概に会員数が多い=優良サイトとは言えないが(例:イククルなど。後述する)。

ハッピーメ―ル事態は若い人からも30代の男女からも「ちゃんとした出会い系」という印象が強い。いや。強くなってきたというべきだろう。たしかに2017年現在もハピメで活動している男女は多いはずだ。しかしハピメ自体は2015年に事件が起こったのだ。あの一件から急激にクリーンな運営になっていったのだ。

2015年ハピメ社長逮捕事件

2015年の12月にハピメの社長が援助交際をサイト内で助長したとして逮捕されている。
出会い系「ハッピーメール」元社長ら起訴猶予 売春伏せ字「反省している」

実際問題は警察も出会い系サイトのアダルト掲示板の存在は当然知っていて、援助交際は黙認している状態だった。しかしハッピーメールの運営が伏字ならOKという指示をスタッフにしたため、「それは援助交際の助長だろう!売春防止法違反だ!」という事で捕まったのだ。わずかな表現方法の変更により捕まったのだ。当然法律違反では捕まるのは当たり前だから、アウトだとは思う。この時期サイトの評価は下がっただろう。

しかし登録者から見ると「あーあ。やっちゃったな」という感じである。なぜなら優良サイトならアダルト掲示板で必ず援交がされているからである。きっと他の優良出会い系サイトを運営している会社は肝を冷やしたに違いない。業界が旋律したのは間違いない。

事件以降のハピメは相当クリーンな運営をしている

しかし、皮肉ながらハピメ社長の犠牲は業界の基準値を上げる事に繋がったと言える。ハッピーメールももちろん今後は絶対法律を犯さないように気をつけてクリーンな運営になっている。会員数が多いこともありよりハッピーメールは強くなっていった。それに続くかのようにメルパラ・ワクワク・PCMAXなどもサイト運営に神経を使うようになっていった。ここでハピメの特徴に触れておく。

業者の排除

ハッピーメールの大量の会員の中には外部業者が混じっている事もある。しかし、業者はしっかりと排除に当たっているようだ。ハッピーメ―ルではあまり業者を見かけないのは運営のおかげだろう(ただゼロにはなってないし。完全に消すことは不可能だろう)。この点は多くの利用者が評価している。

サクラが少ない

ハッピーメールはサクラが少ない印象だ。1300万人もの会員数がいれば必要ないのかもしれない。たとえ事件のあとでもちゃんとした実績のあるサイトだから今でも優良サイトと言えるのだろう。

会員数が多くてもイククルは批判もある

ちなみに会員数が多いサイトとしてイククルもある。会員数は800万人を超えているそうだ。しかしながら、チャラい客層が多いという事と、サクラ・業者が多いという情報が目立つ。さらに地方では全く出会えないという話もある。地域の情報は使ってみないとなんとも言えないが、サクラが多いという情報は気にかかる所だ。会員数が多いのにサクラのウワサが立つのはあまりないからだ。つまり会員数=絶対優良ではない。

デメリット:サイトのデザインが古く見辛い

念のためデメリットを書いておくと、サイトのデザインが古臭く、やや使い辛いという点だ。そもそも出会い系サイトはみんなWEB会社が作ったものではなく、テレクラなどの会社が元々作り始めたネットサービスであるため、サイト自体のデザインや機能はそこまで優れているわけではない(デジカフェなどは凄い使いやすい出会い系サイトではある)。だからサイトのデザインが使いづらいというのはデメリットだろう。

しかし会員数が1300万人という圧倒的なモンスターサイトであることは揺るがない事実だ。この数字は優良じゃなければ到達できないだろう。ハピメをメインで利用しても良いが、個人的にはメルパラなどのブルーオーシャンを楽しむのもアリだとは思う。

メルパラについてはこちらの記事で紹介している。

メルパラは会員数が少ない今がビッグチャンス~優良出会える系サイト

ハッピーメ―ルは紛れもない優良サイトである事は間違いない。ネットの評価も多い。登録無料でお試しポイントで出会いを試すのもアリだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です